札幌不動産情報「株式会社ホットハウス」

皆様とのつながりをもっと大切にし、温かい信頼関係を築いていく「株式会社ホットハウス」にお任せください!

メールでのお問合せ   個人情報の取扱について
 

お部屋探しマニュアル─お部屋を探す時のコツ

【1】希望条件を書き出す


まず、「どこに住むか」「予算はいくらか」「間取は?」等、ご自分の
希望条件を書き出します。
その際、「この条件は譲れない」「これはどっちでもいい」など、希望条件に優先順位を付けたり、 「なぜその条件が自分にとって必要なのか」といった理由も書き出しておくと、ホットハウスに訪問した際、交渉がスムーズに進行します。

【希望条件基本項目】

  • どの沿線・駅・地域に住みたいか?
  • 駅からの徒歩分数は?
  • どの間取が良いか?
  • 予算は?(月収の1/3までが目安)
  • アパートかマンションか
  • 階数は?
  • 築年数は?
  • 欲しい設備は?
  • 駐車場は?
  • その他条件は?

↓

【2】情報収集をする


住宅関連雑誌やインターネットなどで情報収集。
先ほど書き出した「希望条件」と照らし合わせながら、希望にかなう物件
情報を何点かピックアップしましょう。
当然のことながら、「希望条件」を100%満たす物件情報はなかなかございません。先ほどの「希望条件の優先順位」をもとに、優先順位の高い条件を満たす物件情報を探すことを念頭に!

↓

【3】ホットハウスへ訪問


訪問前に、「物件の有無」「訪問予定日時」を伝えましょう。
訪問の際には、当該物件が気に入った理由とご自分の希望条件、優先順位を伝えると、他の物件情報を紹介してくれるかもしれません。

↓

【4】物件を下見


物件情報を何点かピックアップし、下見したい旨を伝えましょう。
1日で見てまわれる物件数としては、3〜5件程度。
現地では、メジャーで収納の奥行きや冷蔵庫等家具・家電の設置場所の広さをメジャーで採寸し、手渡された間取図に書き込むと便利です。

↓

【5】比較検討


下見した物件情報のなかから、契約したい物件情報を比較検討しながら決定。ここでもやはり、最初に書き出した希望条件と優先順位が役に立ってきます。
「今の部屋が狭くなったから」「仕事場から遠かったから」等、自分が引越ししたいと思ったきっかけを思い出すと、どの物件が自分に最もふさわしいかがわかりま す。

トップページへ戻る

 
CopyRight©  ,  株式会社ホットハウス & 株式会社ラルズネット All rights reserved